大量の文献資料の受け入れに伴う冷凍殺虫処理の例

 博物館で貝類学者・大山桂博士の蔵書の寄託を受け入れることになりました*1。大山桂博士(1917-1995)は文献記述を重視する研究スタイルから、個人で大量の文献を収集していました。この蔵書は大山博士が晩年に研究員を勤めた鳥羽水族館で保管されていましたが、長期保存により適した環境に置くとともに、調査研究・普及教育での活用を進めるため、当館に寄託されることになりました。18〜19世紀の西洋の貝類図譜を含む、書架延長約270メートルという超弩級の文庫で、貝類学ではおそらく東アジア最大級です。この蔵書を受け入れるにあたり、問題になったのは燻蒸(殺虫)処理です。鳥羽水族館での蔵書の保管場所は害虫の非管理下だったため、博物館の収蔵庫に入れるにあたって燻蒸処理が必要でした。移送に伴う大量の文献資料の殺虫処理はあまり例がないと思いますので、メモがてら記録をしておくことにします。


 計算すると、受け入れ予定の蔵書は段ボールで約700箱もありました。この分量を自前で薬剤燻蒸するのはほぼ不可能です。図書の燻蒸を請け負うある専門業者に尋ねたところ、みかん箱1箱で6000円程度(=700箱で420万円)とのことで、外注も予算的に全く現実味がありませんでした。


 そのため、今回は冷凍処理を行うことにしました。幸い、冷凍倉庫を安価に提供してくれるところが見つかりました。この倉庫の広さは問題なく、維持温度は-25度Cとのことです。安全をみると冷凍殺虫は-20度Cで最低7日間と言われていますが*2、今回はスケジュールの都合で-20度C×5日間(目標温度到達に1日間で処理期間は計6日間)という設定にしました。冷凍殺虫を検討したデータ*3をみる限りでは、まあ5日間でもぎりぎりセーフかなと思います(IPM的には望ましくありませんが)。水族館で梱包後、冷凍倉庫にパレット積みで搬入、6日後に搬出して博物館へ移送、搬入して開梱・配架という流れです。



(冷凍倉庫内)


 冷凍殺虫で問題になるのは温度変化に伴う処理資料への結露です。これを防ぐには冷凍時に対象資料をビニール袋などで密封する必要があります。少量ならさほど気になる作業ではありませんが、段ボール700箱となると話は別で、このプロセスの省力化は必須です。ここでは水族館の方のアイデアが役に立ちました。水族館で魚などを飼育水とともに移送する際の梱包方法を使うことにしました。


 ポイントはビニール袋の口の縛り方にあります。袋の口を大きい輪ゴムを使って下図のように縛ります。簡単に言うと、袋の口を絞って輪ゴムをかけて数回巻いて縛ったあと、袋の口を折り曲げて上からさらに数回巻く、という方法です。慣れると数秒でできます。この縛り方には、折り曲げた袋の口を持ち上げる(白矢印⇨)と、そのまま輪ゴムがほどけて簡単に開けられる、という利点もあります。もとより密封性が高いので、今回の目的に適っています。





(この写真では、口をほどく際に輪ゴムが切れています)


 今回は段ボールの大きさが32×45×30cm(運送会社が使う一般的なもの)で、ビニール袋は0.04mm厚、86×100cmのサイズを用いました。この大きさだと段ボールの中で十分余裕があります。この袋を段ボールに入れたセットを作っておき、文献資料を詰める→袋の口を縛る→箱を封かんする、という流れです。袋の厚みについては家庭用のゴミ袋(0.02〜0.03mm厚)でも結露防止という目的は果たすと思いますが、梱包作業時に本の角などがあたってピンホールを生じるリスクがあるかもしれません。86×100cmというサイズは、だいたい90リットルゴミ袋に相当するようです。


 念のためということで、結露を検知するシールを細長く切った紙に貼り、1箱につき1枚、しおりのようにはさんでから梱包しました。使ったのは日油技研工業株式会社の「デューラベル」*4です。結露があると検知部の色が不可逆変化します。主に稀覯書の200箱分に封入しましたが、すべての箱において結露は検知されませんでした。なお、検知部は本から露出させるよう気をつけましたが、シールの説明書には「多量の水滴が付着すると色素が流出し、周辺を汚すことがあります」とあり、本来は書籍には用いない方がよいかもしれません。




 ビニール袋の使用と結露検知ラベルの封入という余分な作業が追加されましたが、梱包・開梱時の手間や時間にはそれほど影響しなかったと思います。運送会社の方との事前打ち合わせで作業意図をご理解頂き、手順確認ができたことも大きかったと思います。


 確認用に、分厚い本を1冊選んでページの間に温度センサーをはさみ、ログを取りました。意外だったのは、冷凍倉庫から搬出してから丸1日近くは氷点下だったことです。真冬で多くの段ボールをかためて積載していたことが大きいと思われますが、十分な時間を置かないと条件によっては開梱時に結露する恐れがある、ということかと思います(室温到達まで1日置くことは、Strang (1997)でも指摘されています)。



 搬入から8ヶ月が経ちましたが、今のところ害虫の発生は確認されていません。搬出前の害虫発生状況をチェックしたわけではありませんが、今回の冷凍処理は問題なくできたものと考えています。



(収蔵状況)

*1:http://www.omnh.net/whatsnew/2014/09/post_175.html

*2:Strang, T. J. K. (1997) Controlling insects pests with low temperature. CCI Note, 3/3:1-4. https://www.cci-icc.gc.ca/resources-ressources/ccinotesicc/3-3_e.pdf

*3:Strang, T. J. K. (1992) A review of published temperatures for the control of pest insects in museums. Collection Forum, 8(2):41-67. http://www.midwestmuseums.spnhc.org/media/assets/cofo_1992_V8N2.pdf#page=3

*4:http://www.nichigi.co.jp/products/samo/products/dl.html